So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

Trattoria da Shinにてディナータイム♪

madaisalad.jpgwagyusteak.jpgcaponata.jpgbasilpasta.jpg

ikasumicurry.jpgsuikasherbet.jpgpotatosoup.jpgpassionfruitandchocolateiceream.jpg

今日は久しぶりに夜、鹿児島国分にあるトラットリア シン(Trattoria da Shin[電話]0995-73-7123)へ行って来ました。地元食材はもちろん、全国にある美味しいものも取り入れて作るお料理は、どれもとっても美味しいです♪熟成させた真鯛、鹿児島の黒毛和牛、スミイカとアオリイカ、旬の野菜と果物を使った料理。大満足なお食事でした!お店も5年目を迎えているそうで、今後も素敵な空間で美味しい時間を楽しませて下さいね!

ひろしま世界遺産航路で観光

miyajima3.jpgmiyajimawithdeer.jpgcafeponte3.jpgcafeponte2.jpgcafeponte.jpg

今まで、知らなかったのですが、一緒に観光してくれた親戚が宮島と平和公園(原爆ドーム)を往復する高速船があると教えてくれたので、今回はひろしま世界遺産航路を利用して観光。この高速船の魅力は宮島と原爆ドームを最短時間で移動できるということと、川と海からの両方の景色を楽しめること。宮島を訪れるのは数回目になりますが、初めて干潮時にあたり、大鳥居まで歩いて行けました!靴の中に湿った砂が入らないように、慎重に一歩一歩ゆっくりと大鳥居まで行きました。大鳥居付近で記念撮影をしたあとは、親戚おすすめの宮島水族館へ。牡蠣の養殖の様子や、普段食べる魚も多く展示されており、いろいろな意味で興味をそそられる水族館でした。またフナ虫が展示されている水族館は初めてでした!!!とても苦手なんですけど、思わず見てしまった・・・。高速船のターミナルまでは裏道を通って移動。その途中、和風のおしゃれなカフェでホッと一息。船の時間までまだ時間があったので、ターミナル付近にいる鹿のそばで写真をと思って座っていたら、鹿が近づいてきていたりして。宮島の鹿は人懐こい!平和公園(原爆ドーム)のターミナルに戻ってきたら、目の前にカフェポンテ イタリアーノというレストランがあり、店頭にはたくさんのオレンジが!!搾りたてのオレンジジュースもメニューにあり、足が自動的にお店の中へ(笑)。美味しいワインと、カジュアルに食べられるものを数品頼んで、これまた素敵なひと時を過ごせました。


ただ、素敵な時間の中でも、原爆ドームを見ると、戦争という悲惨な歴史を繰り返してはいけないという思いで背筋が伸びました。




錦帯橋


kintaikyo1.jpgkintaibashi2.jpgwataboushi.jpgwataboushi2.jpgkikkoupark.jpg

先週末、親戚に会いに広島まで行って来ました。鹿児島中央からみずほに乗って広島まで約2時間半!九州新幹線が開通して、便利になりました。滞在一日目は、親戚が車で山口県岩国市にある、日本三大名橋である錦帯橋へ連れて行ってくれました。木造の橋のアーチが美しく、その手前でしゃがんで空を見ると、何だか橋が空につながっているように見えました。橋からは桜並木も見え、春の景色を想像したら、また訪れたくなりました。近くには吉香公園があり、その近くの菜食キッチンわたぼうしでランチをしました。食材を丁寧に調理し、体にやさしいお食事で、大満足でした。レストランの近くにロープウェイの入り口があり、山の上に岩国城が見えます。お店の前の池では、天気が良いので亀たちが甲羅干ししていて、気持ちよさそうでした。こちらのお店は大人気なので、予約をしてから行くのがおすすめです。お腹がいっぱいになった後は、吉香公園をお散歩。鵜に餌をやる様子や、岩国シロヘビの館も見学。園内の噴水が晴れた空に高く上って、心がすーっと気持ちよくなりました!

かんまちカフェ&仙厳園


kanmachicafe.jpgkanmachicafe2.jpgsenganen goten.jpgsenganen goten2.jpgsenganen goten3.jpg

 昨日は熊本のお友達が鹿児島に遊びに来たので、鹿児島市内を観光してきました!友達が滞在できる時間が数時間だったので、短時間でも充実のカフェランチ&仙厳園の観光コースに決定!鹿児島中央駅を出発して、まずは高台にある「かんまちカフェ Haruya」へ直行。カフェから雄大な桜島を眺めながら素敵なランチタイム。雑貨やパンも販売しているので、美味しい&楽しいが詰まったカフェです。天気は曇りで、桜島には雲がかかっていましたが、気持ちの良い時間を過ごせました。


 デザートまで満喫した後は、仙厳園へ移動。気温は高めでしたが、風があり曇り空だったので、汗だくになることなく快適に散策出来ました。仙厳園がリニューアルしてから初めて訪れたので、また新鮮な気持ちで観光出来ました。仙厳園はいつ訪れても、本当に気持ちが良いスポットです。石灯篭の上のハトも、てっぺんでリラックスしてました(笑)。もう花しょうぶが咲いていました!短時間とはいえ、私も友達もハッピーな充実した小旅行でした☆


光の王国inグラバー園でマジカルタイム

グラバー園1.jpgグラバー園2.jpgグラバー園3.jpgグラバー園4.jpg

先日、長崎を訪れた際、3月31日まで世界遺産「旧グラバー住宅」でハウステンボス「光の王国」とコラボした3Dプロジェクションマッピングが見られるとJRの情報誌で読んだので、夜6時過ぎごろ行ってみました。グラバー園を散策してみると中が広くて、興味深い資料も多く、もっと時間にゆとりを持ってくれば良かったと思いました!スコットランド出身の商人であるThomas Blake Gloverは薩摩出身の五代友厚や小松帯刀ともつながりがあることを知りました。島津公から送られたというソテツ(樹齢300年!)も植えられており、鹿児島ともご縁があって、とても親しみがわきました。そして、グラバー園内で見つけることができるハートの石を、夜で辺りは暗かったけれども二つ探して来ました(二つ見つけると良いことがあると聞いたので)!夜だから、ハートの石がふわっとライトアップされていたので、日中よりも探しやすかったかも知れません。高台からの景色も素晴らしかったです。


プロジェクションマッピングですが、こちらもとてもきれいで、迫力もあり、終わった時は拍手でした。歴史的な背景も表現された映像が「旧グラバー住宅」に美しく映し出されて、ファンタジーの世界に足を踏み入れたようでした。これを見てしまったら、今度はハウステンボスに行って光の王国も体験したいなぁ!


ビタクラフトのRFIQでクリームブリュレ

rfiqsweets.jpgrfiqsweets2.jpgrfiqsweets3.jpg

今ビタクラフトのRFIQという自動調理システムを使って色々料理をしてみています。チップ付きのレシピカードが24枚あり、それを専用のポータブルIHに読み込ませると、自動で料理をしてくれます。鍋もこのシステム専用のものを使用します。自動で料理もできますが、マニュアルモードを選択すれば、自分の好きなように料理ができます。また専用の鍋は他のIH調理器でも使うことができるし、ポータブルIHをマニュアルモードにすれば、IHに対応している鍋ならどの鍋でも使用できます。


物産館で野菜をたくさん買ってきたりすると一気にお惣菜作りをするので、自動で料理をしてくれるIH調理器があると便利なことが判明。RFIQだと温度調整で気を使う茶わん蒸しなどの蒸すレシピが上手に美味しくできます♪またご飯を炊くときも温度調節を自動でしてくれるので、他の用事をしていても火加減を心配せずに炊けます。そして、出来上がりはもちもちしていて美味しい炊きあがり。餃子も白身魚の包み焼きも良い感じ♪レシピによっては段階的に、蓋をあけて中身の上下を返すなどの作業があるものもありますが、その時は機械が「ピーッ」と音を出して教えてくれるので安心です。


今日はレシピカードにあるクリームブリュレを作ってみました。見かけも口当たりも滑らかにできました☆レシピにはフルーツやミントの葉、粉糖を仕上げにトッピングするようになっていますが、とりあえず今日はブルーベリージャムを簡単にトッピングしました。なんだかキッチンに助っ人が一人来たような感覚になってます(笑)。



ホテル京セラでお正月

kakizome.jpgantipasto.jpgsegodonatkyocera.jpgomikujiatkyocera.jpg

新年あけましておめでとうございます。

2018年が幸せな年となりますように。

今日はホテル京セラでお正月ランチをしてきました☆ロビーには新年を楽しく過ごすアクティビティコーナーがあり、ランチをおいしく頂いたあと、書初め、おみくじ、せごどん写真撮影などで楽しく過ごして来ました!書初めをしたのはおそらく小学校以来だったので、筆を持つ手が緊張していました!今年も夢を持って、ワクワクの気持ちを忘れずに日々過ごせたらと思います。NHK大河ドラマ「西郷どん」も今月7日スタートなので、鹿児島も盛り上がりますね!!

霧島市のecoイルミネーション2017

kirishimaillumination2.jpg

今日は霧島市民会館前で開催中のecoイルミネーションを見に行って来ました。太陽光発電を利用したり、ペットボトルを再利用して、地元企業や学校が素敵なイルミネーションの作品を作ってくれています。暗くなり始めてから家を出て、5時50分ごろ現地に着いたのですが、まだどの作品も点灯しておらず、とりあえず6時まで待ってみましたが、どれも明かりがつかないままだったので帰ろうとしたその時、ポワンと静かに光を放った作品が一つ出現!しばらく待つうちに、ポツンポツンと続いて点灯し始めて、きれいな光の空間が広がりました☆1月13日㈯までイルミネーションが見られるので、また足を運びたいと思います♪

美山の器を使って

miyamapotteryfesta5.jpgmiyamapotteryfesta6.jpg

昨日美山窯元祭りで買って来た器を早速使ってみました!お料理が器に引き立てられて、美味しさもUP!素敵な器を使うと、食事の楽しさもおいしさも倍増しますね。食べることの喜びは、美味しさはもちろんですが、盛り付けるお皿や、一緒に食べる仲間や流れる音楽など、様々なワクワクの要素が重なるとどんどん深まっていきますね。食欲の秋が盛り上がります!


美山窯元祭りにて

miyamapotteryfesta1.jpgmiyamapotteryfesta2.jpgmiyamapotteryfesta3.jpgmiyamapotteryfesta4.jpg

 昨日テレビをつけたら偶然11月3日から5日まで美山窯元祭り開催中との宣伝が流れていたので、今日は朝から日置市東市来町まで行って来ました!第17代薩摩藩主島津義弘公が慶長3年に80名の陶工を朝鮮より連れて帰ったことから始まり、慶長8年に美山に移住した陶工達(40名余り)が島津藩に守られるなか開窯し、それが薩摩焼の始まりとなったそうです。今日は会場で貰った地図に載っていた11の窯元に足を運びました。会場にはロクロを回したり、絵付けなどができる薩摩焼体験ブース、物産市やフードコートなどがあり、楽しさ満載のイベントでした。数年前に城山観光ホテルのギャラリーでお皿を購入して以来、ずっと足を運んでみたかった沈 壽官窯に行けたのは嬉しかったです!沈 壽官窯の登り窯や庭など、とても心地のよい空間でした。ふるまって頂いた甘酒もとても美味しかったです。今回は、緋色窯でサラダボウルを買い、美山陶遊館でプレートやマグを購入(MODERN SATSUMA とベネズエラ出身の陶芸家アルバロ ナバーロさんの作品)☆また美山陶遊館にある登り窯で焼いたお餅のような食感の米粉のパンも食べられて大満足(こちらは城山観光ホテル内のベーカリーのパンシェフ監修で、陶工の方々と神村学園の生徒さんたちが焼き上げたもの)。たくさんのアーティスティックな刺激を受けて歩く道のりはワクワクする気持ちであふれていました♪

前の10件 | -