So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

丸岡公園でお花見

viewingsakura2.jpgviewingsakura.jpg

ずっと雨続きの鹿児島でしたが、今日は雨が止んだので、その隙に桜を見に霧島市にある丸岡公園まで行って来ました。外は曇り空でしたが、また雨の日が訪れそうなので、お花見をするなら今日と思って夫婦+ワンコでおでかけしました。晴れた青い空と桜のコンビネーションも素敵ですが、曇り空のグレーと薄ピンクのコンビネーションもしっとりした優しさのある風景で、とても好きでした。公園はお花見を楽しむ人々で賑わっていましたが、駐車場に車をすぐに停められたので、スムーズにお花見が楽しめました。公園内にあるレストランの近くから、わりと急な階段をのぼり、ふぅふぅ言いながら高台に到着。下を見下ろすと、ところどころに淡いピンクの絨毯のような桜の景色が広がり、思わず「うわぁー、きれいー」と声が大きくなってしまいました。帰り際にゴーカートコースの横を通ったのですが、桜の咲くコースを走っていて、すごく楽しそうでした!次回はぜひ乗ってみたいっ!!


小さなパスタをスープで

lancette.jpgclamandtomatostewwithlancette.jpg

先月夫がイタリアへ出張へ行ったときに、スーパーで面白いシェープのパスタを見つけて買って来てくれたので、昨夜それを使ってスープパスタを作りました。ディチェコのLancette 609番。小さなリボン状の形をしていて、両端がとがっているエッグパスタ。ゆで時間は6分。私は初めて見るパスタでした。こちらのパスタはスープと相性が良いようなので、水を加えずにトマトとアサリ汁をベースにして作ったスープに茹でたLancetteを加えて頂きました。スープには玉ネギ、シメジ、バジルを入れ、塩コショウで味つけをし、食べる時にパルメザンチーズをかけました。小さなパスタなのでツルツルと食べやすく、エッグパスタのせいかやわらかな食感でした。パスタも色々な形があるので、それぞれに合う食べ方をヘルシー&クリエイティブに表現していくのって楽しいですね☆


タカエビとニンニクのパスタ

takaebigarlicpasta.jpg

鹿児島は本日桜の開花宣言がありました。記録を取り始めて以降、最も遅い開花宣言とニュースで言っていました。私が中学の入学式の写真を撮る時、東京の桜の開花が遅くて、入学記念写真の撮影を桜が満開になるまで待ち、結局4月の後半に写真をクラスメイト達と撮ったのを思い出しました。

そんな記憶とともに頂いた今日の夕飯は、タカエビを少し多めのオリーブオイルで揚げたものと、シメジのソテーをのせたニンニクのパスタとサニーレタスに菜の花やブロッコリーを合わせたサラダ。パスタにはパルメザンチーズを少々かけて、サラダは先日大分で買ったかぼす胡椒に酢醤油を合わせたドレッシングを和えました。タカエビは頭をはずしてから、パリパリと殻の部分までおいしく食べてしまいました。鹿児島の味、タカエビ。大好きです☆


水上バスで長命寺の桜もち

sakuramochiinsumidagawa1.jpg

 週末にかけてアメリカでお世話になった友人が夫婦で東京へ来たので上京してきました。十数年ぶりの再会で、本当に嬉しかったぁ☆日曜日は雨で、冬が舞い戻ったかのように寒かったので、日の出桟橋から出発するシンフォニーの東京湾クルーズでのランチを予約をしておいて本当に良かったです。船の中は暖かく、東京湾から都会の景色を眺めながらゆっくりとランチタイムを楽しめて友達夫婦もすごく喜んでくれました!春休みということもあり、船内もにぎやかでした。

クルーズを楽しんだ後は、日の出桟橋から出発する水上バスに乗り、浅草に出ました。初めて水上バスに乗りましたが、隅田川から見る景色を満喫できて良かったです!船内では、限定数販売していた長命寺の桜もちを買って、桜の葉の香りの風情あるスイーツと隅田川からまだ少しだけどピンクの花を咲かせている桜の木の景色が楽しめました。長命寺の桜もちは薄皮で、こし餡の上品なお味でした。桜の葉まで食べてしまいましたが、お店のHPによると桜の葉は乾燥を防ぐためと、香りづけのためにつけているので、はがして頂くのがお勧めだったみたいです。エへへ。

また水上バスは、ちょうどイベント期間と重なっていたようで、吾妻橋上流を回遊するコースになっていてラッキーでした☆ただ、銀河鉄道999ファンとしては、松本零士氏がデザインしたホタルナかヒミコに乗ってみたかったです!遠くで動いているのをみたら、SF映画のような近未来的なデザインですごくかっこよかったです!次回水上バスを利用することがあれば、時間を調べて乗りたいと思います。


こばやし霧島連山絶景マラソン大会にて

kirishimazekkeimarathon.jpgbronzemedalforzekkeimarathon.jpg

 今日は「こばやし霧島連山絶景マラソン大会」に夫婦で出場してきました!友達ご夫婦も一緒だったので、楽しく参加できました☆私は5キロコースを走りましたが、40歳代の部門で第3位(24人中)で入賞できました!コースは割と坂道が多くてキツかったです。でも沿道でイチゴやバナナを地元の方が配って下さり、大きなイチゴを走りながら頂きました。これがものすごーく甘くて、美味しかったー!イチゴで喉の渇きが癒され、後半も元気に走れました。お昼前から雨が降り出してきましたが、すべてのランナーが戻って来てから本降りになったので、まだ良かったかな。雨がザーザー降る中、おいしい宮崎牛汁とごはんをテントの下で頂きました。冷えた体に温かい宮崎牛汁がしみました。小林市の皆さん、ありがとうございました!今日は中学の陸上部の時のユニフォームを着て走ったのですが、陸上部で一生懸命走っていたころが懐かしくなりました。


ひとよし春風マラソンにて

hitoyoshimarathon.jpgrunningathitoyoshimarathon.jpg
2月19日は熊本県人吉市で雲一つない青空のもと「ひとよし春風マラソン」が開催されました。中学生以来初めて陸上の大会にエントリーしました!私がエントリーしたコースは10分の1マラソンコース(女子)40歳以上~49歳以下の部でした。この大会に参加するために、日ごろ走る距離を4キロ弱から5キロに増やして頑張りました☆自分で練習する時は、だらだらと重い体を何とか動かして走っている感じなのですが、大会ともなると周りの雰囲気に盛り上げられて、普段以上の力を出せるものですね。スタート地点で奏でられる学生さんたちのブラスバンドのミュージック、沿道の皆さんの声援、道中目にしたバンドの方の生演奏の応援、給水所でのサポート、全て力になって、タイム20分54秒、部門80人中4位の成績で完走できました。陸上部だった中学の頃を思い出してすごく懐かしかったです。ゴールに着くと、温かいおしぼり、お赤飯、つぼん汁、ぜんざい、梅干しとおしんこ等のおもてなしがあり、本当に心も体も温まりました。どれもすごく美味しかったです!また帰る前には人吉温泉に浸かり、筋肉の疲れを癒して帰途につきました。人吉のみなさん、心からありがとうございました!マラソン大会では日ごろ眠っている自分の力を100%(120%かもっ!)使って頑張れたと思います!!来年もまた参加したいです♪

サバのから揚げとサバのストックで作ったスープ

sabakaraage.jpgcarrotsaladandsoup.jpg

 最近サバのから揚げがお気に入り。毎週食べてます。鹿児島県産のサバは地元だから鮮度も良くておいしいです!しかも安いので、お財布にもやさしい食材です。まずサバを三枚おろしにして、骨抜きをし、全体に軽く塩をふって10分程冷蔵庫におき、時間が来たらキッチンペーパーで表面をふき取ります。食べやすい大きさに身を切り分け、酒と醤油にすりおろしたニンニクとショウガを加えたところにサバを浸けておきます。調味料の分量は目分量ですが、酒が醤油よりも多めにしています。30分程浸けておいたら、片栗粉をまぶして、酸化しにくいオリーブ油を少量使って揚げます。ビタクラフトの鍋で蓋を開閉しながら170℃で揚げるので、どちらかというと蒸しながらソテーにするといった感じです。

 今回はサバを丸ごと買ったので、捌いた時に出たあらでストックをとり(ストックをとる時にオレガノを入れると魚臭さがやわらぐので、いつもあらと一緒に入れています)、スープも作っちゃいました☆スープは家にある野菜などを好きなようにストックに加えて加熱し、塩で調味しただけのもの。でも、すごーく美味しいです。ストックを火にかけ、スライスした玉ねぎ、冷凍保存してある椎茸(椎茸をたくさん買った時は、天日干ししてから、スライスし、フリーザーバッグに入れて冷凍しておくと便利なんです!保存期間は3週間位)、トマト、赤レンズ豆、人参サラダをたくさん作っていたので、スライサーで細切りにしたニンジンをサラダにする分から少しもらって、スープに投入。ストックがしっかりしていると、塩だけで味がまとまってしまうところがとても感動的。

  一尾のサバから広がる豊かな食卓の一ページでした。


ビタクラフトの圧力鍋で作ったぜんざい

zenzai.jpg

明日の鹿児島は雪の予報が出ています!ほんとに降るかな!?寒い日は、ぜんざいで心もほっこり。圧力鍋だとお手軽に作れるので、豆料理を作る時はビタクラフトの圧力鍋がわが家では大活躍しています。

ぜんざいの作り方は、小豆150gを洗って圧力鍋に入れ、水2カップを加えたら、付属のスチームスタンドを逆さまにして落し蓋にし、蓋をロックします。鍋を中火から強火にかけ、圧力表示ピンがレベル2まで上がったら1分間加圧して火を止め、鍋が冷めて圧力表示ピンが下がったら、小豆をザルに上げ、ゆで汁を捨ます。再度小豆を圧力鍋に戻し、水800㏄を加え、スチームスタンドを逆さまにして落し蓋にしたら蓋をロックし、鍋を中火から強火にかけ、圧力表示ピンがレベル2の所まで上がったら10分間加圧し、火を止めて自然に圧力表示ピンが下がるまで待ちます。ピンが下がったら圧力鍋の蓋を外し、鍋を弱火にかけ、最初にきび砂糖を40g程加えて弱火で加熱します。きび砂糖が全体になじんだところで、メープルシロップを40g程加え、塩を2~3つまみ程入れて味をみます。甘さが足りないときは、メープルシロップを足しながら味をまとめます。途中アクが出たら丁寧にとり、汁をお好みの量まで煮詰めて出来上がり。もちろん、甘さはきび砂糖だけの味でも、メープルシロップだけの味でも良いのですが、私はきび砂糖とメープルシロップのミックスが好きです。今日は焼いたお餅も入れて、ボリューム満点のおやつタイムでした☆

関西ではつぶあんのしるこをぜんざいというそうですが、関東では田舎じるこというそうです。関東では、写真よりももっと汁気を少なくしたものをぜんざいと呼ぶようです。


栗きんとんに初挑戦

ozouniandkinton.jpg

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します[かわいい]

今年のお正月は栗きんとんを初めて作ってみました。まず、最初の材料の下ごしらえからサツマイモを煮るまでの工程はとてもスムーズに進みました。でも、その後サツマイモを裏ごしするところがとっても根気のいる作業でした!今回はサツマイモを1キロ使ったので裏ごしに時間がかかりました。手が痛くなりましたが、食べる人たちの健康を願ったり、喜ぶ顔を思い浮かべたりしていたら、なんだか楽しい時間になりました。元旦の朝ごはんは、鰹節、昆布、干しシイタケの戻し汁を合わせただし汁で作ったお雑煮と栗きんとん(きび砂糖を使ったので、色は少しダーク)でした。霧島産の玄米餅、椎茸、人参も使って、地産地消の喜びも味わえる温かい朝ごはんでした。

皆様の新年が心温まるやさしい気持ちであふれる年となりますように[ぴかぴか(新しい)]


ビタクラフトのフライパンで焼くアイスボックスクッキー

iceboxcookies2.jpg

 鹿児島は気温が高めの12月。今日は冬至ですね。今朝少し外に出る時も、セーターに厚手のマフラー1枚で大丈夫でした。もうすぐクリスマスという感じがしません!今日はビタクラフトのフライパンを使って、アイスボックスクッキーを焼きました。お気に入りのアイスボックスクッキーの生地を冷凍して、それを3~4ミリの厚さに切り、クッキングシートを敷いたフライパンの上に並べて弱火で焼きます。鍋で焼くときのポイントは、クッキーを薄く均等の厚さに切ることです。厚く切ると中まで火が通りにくいので、薄く切ったほうが早くサクッと焼けます。そしてクッキーの厚さを均等にして、焼きムラができないようにします。弱火の目安はIHの場合、150℃で7分ほど焼き、クッキーが鍋底からスッと離れてくれたら、上下を返し、温度を140℃に下げ6~7分ほど焼きます。クッキーの表面を触った時にふにゃっとせずにかたくなるまで数分ごとに上下を返しながら焼きます。クッキーが焼きあがったら、茶こしなどを使って粉糖をふります(お好みで)。アイスボックスクッキーは生地を冷凍保存できるから(冷凍保存期間は3~4週間が目安)、少し多めに作って冷凍しておくと、食べたいときに食べたい量を焼くことができるのが良いですね☆


前の10件 | -